お知らせ / ニュース

NEWS

英熟語を10分間で600語覚える方法

2022.3.20

         

みなさんは、英熟語をどう勉強していますか?「英単語よりも覚えにくいかも」「何度覚えようとしても忘れてしまう……」など、お悩みの方もいるかもしれませんね。以前ご紹介した英単語の暗記方法はご好評をいただいており、「英熟語もやってほしい」という声を受けました。

英熟語を勉強する参考書といえば『速読英熟語』でしょう。非常に人気な参考書で、難関大学の受験生にはもちろん、中堅大学の受験生にも役立つ参考書です。この一冊をやりきれば英熟語で困ることはもうないといえます。

本記事では、『速読英熟語』の英熟語600語を10分間で覚える方法をご紹介します。

本記事でわかること

  1. 『速読英熟語』にマッチする学力層
  2. 『速読英熟語』の構成と特徴
  3. 『速読英熟語』を使った効率的な英熟語の覚え方

『速読英熟語』はどんな学力層にマッチしてるか

『速読英熟語』は、まったくの英語初学者にとっては難しい参考書です。たとえば、高校1年生であれば偏差値60以上、高校2年生なら偏差値55以上、高校3年生や浪人生は偏差値50以上の学力が求められます。

学力層に満たない人はまずこれをやろう

『速読英熟語』の学力層に満たない場合は、『データベース3000 基本英単語・熟語 』や『高校入試 短文で覚える英単語1900 』に収録されている英熟語を完璧に覚えましょう。その後に『速読英熟語』に入れば、スムーズな学習ができます。

また、『速読英熟語』の学習には例文や長文読解が含まれるため、英文解釈の力も求められます。『入門英文解釈の技術70』『英文読解入門基本はここだ!』『大学入試 肘井学の 読解のための英文法が面白いほどわかる本』などの参考書のうち、どれか一つを仕上げておくとよいでしょう。

『速読英熟語』の構成と特徴

『速読英熟語』は長文パートと例文パートに分けて構成されています。

前半の長文パートでは見開きの左側のページに長文、右側に訳文があります。次の見開きで長文で使われた英熟語がまとめられています。英熟語の下には例文が1つ載っています。この長文の見開きと英熟語の見開きの組み合わせが50組あります。

後半の例文パートでは構成が変わり、長文ではなく例文の一文一訳形式です。見開きで例文の英文と訳文、次の見開きでは長文パートと同様に例文に使われた熟語が一覧で載っています。長文パートと異なるのは、熟語のページに例文が載っていない点です。後半になると文章量が減っていきます。

巻末解説で文法的な説明がありますが、これはあまり使いません。巻末解説を使わないと文法が読み解けない人は、まずは英文解釈を前述のような参考書での学習がおすすめです。

『速読英熟語』を使った効率的な英熟語の覚え方

英熟語暗記は準備と暗記の2段階に分かれます。準備をしておけば、暗記に集中して取り組めます。

段階①準備

長文ページは飛ばし、英熟語の一覧が載った見開きページで勉強します。

まずは、自分が知らない英熟語と構文をチェックしましょう。レ点や蛍光ペンなどで目立つようにマークしておきます。これを600語準備します。読み方が分からない語句があれば、電子辞書やGoogle 翻訳などで調べてカタカナでフリガナを振っておきましょう。

段階②暗記

暗記のポイント6選

  1. 短時間に大量に
    10分間で600語と、短時間で詰め込みます。
  2. 触れる回数を増やす
    1日3回、6日間続けます。1回の学習は短く、回数は多く学習します。
  3. 書かない
    書くと労力がかかり、疲れて記憶力の低下につながります。
  4. 発音する
    耳から入る記憶は残りやすいです。
  5. 一熟語一秒目標
    英熟語は英単語よりも長いので、少々チャレンジングです。
  6. 寝る前に1回音読する
    寝る前は記憶に残りやすいです。

やり方

10分600語の音読を1日3回行うので、学習時間は1日30分です。これを6日間続けましょう。

7日目に英熟語の意味をスラスラ言えるかチェックします。意味を隠してチェックしていきましょう。9割程度は覚えられていると思います。覚えられなかった残りの1割の熟語はもう1週間同じように続けましょう。

なかなか覚えられない英熟語の対処法

それでも覚えられない英熟語は、英熟語のページにある例文を音読して暗記します。後半の例文パートの英熟語であれば、見開きページの例文を暗記します。1日5回、3日間続音読します。例文は意味がとおる文章なので、記憶しやすいのです。

しかし、最初からすべての英熟語を例文ごと覚えるのはとても大変です。そのため、どうしても覚えられないものだけをこの方法で行います。

この方法は以下の動画で実践しています。

まずは英熟語を完成させて長文に挑もう!

「あれ?」と思いませんでしたか?そう、この暗記方法では長文を使用しないのです。

『速読英熟語』という参考書を活かしきるには、もちろん長文は欠かせません。しかし、おすすめしたいのはまず英熟語をすべて覚え、その上で長文を読み込む方法です。

ボリュームの多い文章がトレンドのため、長文を読む機会は増やさなければなりません。この『速読英熟語』の長文を読み込めば、覚えきった英熟語の意味をより深く理解し、速読力につながっていくのです。長文を含めて『速読英熟語』をすべてクリアすれば、英語の力はかなり底上げされると思います。

無料体験・資料請求はこちら
CONTACT

ご質問等も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL : 075-366-3689

Twitter

【偏差値70以上/TOEIC 800を目指す諸君へ】

ポイズン松本の"英単語は語源から効率よく覚えよう"
今日のメイン語源は「-sent(=feel、感じる)」です。
感情や判断による行動をイメージしてください。

【偏差値70以上/TOEIC 800を目指す諸君へ】

ポイズン松本の"英単語は語源から効率よく覚えよう"
今日のメイン語源は「-sign(=mark、しるし)」です。
しるしでモノをカテゴライズする様子をイメージしてください。

【偏差値70以上/TOEIC 800を目指す諸君へ】

ポイズン松本の"英単語は語源から効率よく覚えよう"
今日のメイン語源は「prim-(=first、最初の)」です。
序列や順番が一番である様子をイメージしてください。

Load More...