お知らせ / ニュース

NEWS

単語王2202は最短2週間で終えられる!英単語600語を10分で覚える方法

2022.4.29

         

『単語王2202』は早稲田、慶応、上智などの難関私立大学や、難関国立大学に向けた知識がつく素晴らしい英単語帳です。しかし、内容が難しく「覚えにくいな」と感じる受験生も多くいるようです。

10分で英単語600語を覚える方法は大変多くの反響いただき「今までこんなやり方知らなかった」「英単語って楽に覚えられるんだ」と感動の声もありました。本記事では、この方法に則って『単語王2202』の600語を10分で覚える方法をご紹介します。この方法であれば、1週間で『単語王2202』を完全に終えることも可能なので、今英単語の勉強している人はぜひ参考にしてみてください。

本記事でわかること

  1. 『単語王2202』にマッチする学力層
  2. 『単語王2202』の特徴
  3. 『単語王2202』の実践方法

『単語王2202』にマッチする学力層

『単語王2202』は、まったくの英語初心者では使いこなすのが難しい参考書です。偏差値でいうと、高1では偏差値65、高2では偏差値60、高3では偏差値55以上が最低でも必要でしょう。これまで紹介してきた英単語帳の中でも最も難しいレベルといえます。

マッチする学力層に到達していない場合

少なくとも『データベース3000 基本英単語・熟語』の英単語を暗記して仕上げましょう。加えて『システム英単語』または『英単語ターゲット1900』のどちらかも仕上げておきます。

これらのうち2冊を仕上げれば、標準+αの英単語が身につきます。この後に『単語王2202』に取り組めば、スムーズに勉強できるでしょう。

『単語王2202』の特徴

構成は全68ユニットで、英単語に対して訳、例文、関連語が載っています。この英単語帳には栞のようなツールが付属しており、意味を隠してチェックするときに役立ちます。

「1日33単語 9週半で2202語覚える」というキャッチフレーズがありますが、これは無視してください。遅すぎます。この参考書は最大1週間で2202語覚えるペースでやってほしいのです。少なくとも、1週間600語のペースで覚えましょう。

『単語王2202』の実践方法

英単語を覚える方法は、準備と暗記の2段階に分けて考えます。

もうひとつ、原則があります。かける時間は1単語1秒だけという原則です。記憶は長い時間をかければ覚えられるものではありません。何回記憶に触れるか、が大切です。記憶に触れる回数が多ければ多いほど、覚えやすい傾向があるのです。1回の勉強の時間は最小限で繰り返すのがコンセプトです。

そのように高速で繰り返すためには、準備が必要です。準備が終わってから暗記に入る。これが大原則です。

準備編

  1. 知っている英単語と知らない英単語を仕分ける
    知らない英単語にはマーカーなどで印をつけて、英単語帳を開いたときパッとわかるようにします。読み方が分からない英単語はGoogle検索や電子辞書などで調べ、読みをカタカナで書いておきます。
  2. 覚えやすい英単語の意味を1つだけ選ぶ
    参考書が強調している、色つきの意味がありますが、必ずしもこの意味で覚える必要はありません。自分が覚えやすい意味で覚えましょう。
  3. ①②の準備を600語分行う

実は、複数の意味を覚えるのは、英単語帳でやらない方がよいのです。あくまでも英単語帳での暗記は、勉強をスムーズに行うため登竜門であって、ゴールではありません。英文読解や英作文、文法問題など、演習の中で英単語の知識をより深く広く理解しましょう。

暗記編

  1. 短期間に大量に覚える
    10分間で600語、読みと意味を音読します。原則通り、1単語1秒で音読し、短期間で短時間で大量に覚えます。
  2. とにかく触れる回数を増やす
    ①を1日3回、同じ範囲の600語で繰り返します。そして、これを6日間続けます。合計18回ほど1つの英単語に触れることになります。このように、繰り返し触れることが大切です。
  3. 英単語は書かない
    書くことに労力が奪われると、意味の確認がおろそかになってしまいます。
  4. 発音する
    正しい発音でなくても、自分の口で発音し、その声を耳に入れることが大切です。小さな声でも、自分に聞こえれば問題ありません。耳に入れることで覚えやすくなるのは、脳科学の研究でも実証されています。
  5. 1単語1秒で覚える
    原則として紹介しましたが、改めて意識していただきたいポイントです。
  6. 1回は寝る前に音読する
    1日3回音読を繰り返すとお伝えしましたが、最後の3セット目を寝る前に行うと記憶の定着率が高いといわれています。意識して、寝る前に一度音読してみてください。

6日目には9割程度の英単語を覚えているでしょう。暗記できたかのチェックは7日目に行ってください。やり方は、付録のシートを使って意味を隠したまま言えるかを確認するとよいでしょう。

覚えられていなかったり、なかなか意味が言えなかった英単語は翌週に繰り越します。シートで隠して覚えているかチェックするのは1週間に1回で大丈夫です。毎日音読するたびにチェックすると、1単語1秒とはいかず、時間がかかってしまうからです。

実践動画はこちら

今回ご紹介した方法は、以下の動画で実践しています。具体的なイメージを持ちたい方は、こちらの動画をご覧ください。

『単語王2202』を2週間でマスターしよう!

10分で600語を音読できれば、30分で1800〜2200語を音読することも、頑張ればできます。1日30分で1冊音読し終えるのを3回やれば、1日90分です。6日繰り返せば1週間で『単語王2202』の9割が覚えられるのです。2週間かければ、ほぼすべての英単語を覚えられるでしょう。ぜひ実践してみてくださいね。

無料体験・資料請求はこちら
CONTACT

ご質問等も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL : 075-366-3689

Twitter

【偏差値70以上/TOEIC 800を目指す諸君へ】

ポイズン松本の"英単語は語源から効率よく覚えよう"
今日のメイン語源は「-sent(=feel、感じる)」です。
感情や判断による行動をイメージしてください。

【偏差値70以上/TOEIC 800を目指す諸君へ】

ポイズン松本の"英単語は語源から効率よく覚えよう"
今日のメイン語源は「-sign(=mark、しるし)」です。
しるしでモノをカテゴライズする様子をイメージしてください。

【偏差値70以上/TOEIC 800を目指す諸君へ】

ポイズン松本の"英単語は語源から効率よく覚えよう"
今日のメイン語源は「prim-(=first、最初の)」です。
序列や順番が一番である様子をイメージしてください。

Load More...